花:月下美人

c0128489_23282833.jpg

一年に一度咲く「月下美人」、
白い花は、この美しさとともに芳醇な薫りもするそうです。

サボテン科、生まれはメキシコ・グアテマラ・ベネゼエラ。

みなさまにもお福わけです。

先日、最近映像の勉強を始めたという友人Aからこの写真は添付されてきました。
彼女は花を眺めていて、宇宙を感じたそうです。

ありがとう。
# by bouquets_ryoko | 2007-08-04 20:08 | Diary | Comments(0)

The Secret Garden

c0128489_16343160.jpg
今日ご紹介するのは数年前に訪れた長野県某所のあるガーデンです。

そこはまさに静けさの中でさわやかな風が吹き、まるで絵に描かれた様な・・・、
そして一般公開されていない知る人ぞ知るガーデンです。

イギリス式のガーデンで構成され、ロックガーデン、ボーダーガーデンと。。。
見ることができます。

写真のゲートはガーデンのやや中央にある、
「Sceret Garden」の入り口です。

本当に何処かに迷い込んでしまった様で、
しばし時間と現実を忘れるときを過ごしたことを記憶しています。

ここにある植物たちは、本当によく手入れをされていますが、
いわゆる温室育ちと違い、決して均一な美しさはありません。
むしろ、粗く・・・、けれどしなやかな逞しい美しさを備えていました。

生命力に溢れています。

当時、私もようやくこのガーデンを同僚達と訪れることができ、
しばらく静かな興奮が冷めなかったことを覚えています。


私はよく庭園を訪れます。

都内が多く、季節毎に自分の庭の様に通っているところもありますが、
まだまだ行ってみたい場所も都内にも沢山あります。

花の仕事、作品を作る中で、感性を養い、また植物を知ることは
大切なことです。やはり自然は偉大で素晴らしい先生です。

またどこかご紹介出来るといいです。
とっておきの場所があったらこっそり教えて下さいね。
この広がっていく輪が結構楽しかったりします。
# by bouquets_ryoko | 2007-08-03 16:35 | Comments(0)

講座開講 心を込めてテーブルコーディネート -おもてなしのテーブル

自由学園明日館公開講座 2007年度後期講座 

講座名
心を込めてテーブルコーディネート -おもてなしのテーブル

1 開講日   水曜日
10月31日 11月14日 12月5日

2 時間    14:00~15:30 1.5時間
最終回のみ14:00~16:00(アレンジメント含む)   全3回 5時間

3 定員    24名


c0128489_0523222.gif5 講座紹介
クリスマスなど、家族やお客様と集まる機会が増えてくる季節です。そんな時はいつもより少し特別なテーブルを囲んでみたいと思いませんか?クロスを選び、食器を並べ、食卓を用意するテーブルセットの文化は、単に見た目の美しさを求めるだけではなく、そこに集う人が心地よく、使いやすいことを配慮して整えられ、発達してきました。セッティングの基本、色の使い方、花のあしらい、演出方法など、少しづつ家庭に取り入れることが可能な、様々のアイディアをご紹介します。最終回にはクリスマスのテーブルアレンジも作りましょう。明日館の食堂で、楽しく優雅なひと時をお過ごしください。

6 プログラム
1回目 テーブルコーディネートの基本/色と質感に注目して
2回目 秋・収穫感謝の喜びのテーブル
3回目 クリスマスを祝うおもてなしのテーブル/テーブルの花

詳細はこちら
# by Bouquets_ryoko | 2007-07-31 00:53 | Lesson | Comments(0)

ブログとアイコンタクト

今まで「アイコンタクト」が出来る距離を大切にして、仕事をしてきました。
これからもその姿勢は変わりません。

その距離だからこそ、一生に一度のウエディングのブーケや装飾も
その方達に似合った「オートクチュール」を提案し作成してきました。

それは最も大切にしている
「品格」・「季節感」・「調和」・「その方らしさ」+Something

少しエレガント・上品で+キッチュな感じであったり、
品格+ストリート系もこなせてしまう大人な花嫁のブーケだったり、
上品で且つ上品な、究極のブーケだったり、
あるいはかわいらしいものだったり・・・。

私はアシスタントをしていた修行時代から少しずつ個人でお仕事を戴く様に
なりました。ウエディングブーケ・ウエディング装飾・パーティー装飾・クリスマス関連等の季節行事・時には舞台装飾・・・・・・・・・。友人との個展。そして講師。
自分に合ったモノを探し、また可能な限りあらゆる事の可能性を試したくて、
出来る範囲のお仕事を戴いてきました。

いつの間にか、テーブルセッティング・お茶・お料理・・・、
もともと好きなこともあり、興味は自然と広がりました。
同時に西洋のフラワーアレンジメント、日本伝統の生け花の世界は、自身が日本人であることを認識をさせ、以前から好きだった西洋と東洋の比較文化を探求していくこと、その背景を知ることは、また一つの楽しみを私に覚えさせてくれています。

現在はそれらをふまえた講座もさせて頂いてもおります。

あらゆるジャンルに興味を持ち広がってきたことから、それらを融合させた、
わかりやすくいうと「エレガント」・「シック」・「キッチュ」・「モダン」・「ストリート系」・「アンティーク」・・・等々。
つまり、大人の好奇心を満たしてくれる・・・セレクトショップのような。。。

日常に基づいた「生活」をより豊かに変化させていくきっかけ、
今の「一歩先」のライフスタイルをご提供していかれたらとおもっております。

いずれにしてもそのアイコンタクトの距離を超えた「ブログ」を始めることは、
アナログな感覚の持ち主の私にはとても画期的なことです。
こうやって社会と関係を築いて行くこともとても大切な事と感じ、
植物を育てる様に少しずつ私自身ともに成長させて行かれたらと思っております。

仕事や庭園・ガーデンについてもお話し出来たらと思っています。
良かったら是非読んで頂けると嬉しいです。アップする花の写真だけでも。

いつもお世話になっている方たち、ありがとうございます。
そしてきっとこれからご縁のある方たち、も
今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

c0128489_17424991.jpg
# by bouquets_ryoko | 2007-07-12 17:45 | Specially idea

明日館 公開講座

今季の講座の最終回を無事迎える事が出来ました。
何よりも受講者の方々、そして明日館の公開講座事務局の方には非常に感謝をしております。心より御礼を申し上げます。有難うございます。

毎回定員24名ほぼ全員の方に出席頂き、一度目の回に「えっ!」という驚きの声と共にテストから始まった授業も、今回はなるべく参加・体験型授業を取り入れ、楽しく進めてきました。

せっかくの機会なので少しでも多くの要望にも応えられる様にと、色々詰め込んでしまったかなという感もありますが、みなさんに熱心に聞いて頂いて、私もとてもやりやすく授業を進めることが出来ました。

どの受講者の方達も生活をより豊かなモノにしようと多くさまざまな興味を持っていらして、こちらも嬉しい良い刺激を戴きました。このような意識の高く気持ちのいい方々に、ご縁があったことを幸せに思っています。私ももっともっと成長し、よりよいモノを提供し続けて行きたいと励まされています。

また、回毎にテーマを決めて、デモンストレーションをお見せし、授業を進めて参りました。なるべく雰囲気の異なるモノをテーマを展開出来るようにと努めてきました。そして受講者のみなさまのお顔を思い浮かべながら、実際にそのテーブルに座っていただけるような空間を考案してきました。実際私自身が、愉しませて頂いたと思っています。たのしかったー!です。

そして、事務局の方々のご厚意により、一番明日館らしい優雅な食堂を使わせて頂いての授業は非常にご好評を頂きました。重要文化財の明日館の最も象徴的な、なんとも贅沢な空間です。

10月からの秋の講座では、季節の行事のディナーについてとフラワーアレンジメントをより多くお届けします。実際にみなさまにもアレンジメントを実際に創って頂こうと思っています。
いま話題の「食育」にもふれて行かれたらとも思っています。

受講して下さったみなさま、ひとつでも今回の事柄を実践して頂けると嬉しいです。
またお会い出来る事ことを心より楽しみにしております。
良い夏をお過ごし下さい。

後日食堂写真c0128489_18561553.jpg
# by bouquets_ryoko | 2007-07-11 08:09 | Diary

フラワーアレンジメント、テーブルセッティングの講座情報、作品の紹介をしています。


by Bouquets_ryoko
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る