人気ブログランキング |

<   2009年 12月 ( 10 )   > この月の画像一覧

2009年12月31日

c0128489_312184.jpg

これは来年2010年2月に銀座松屋にてテーブルコーディネートと花の講座をさせていただく際に、今回「Positive」1月号に掲載写真を10月に撮影していただいた時に私が撮ったものです。

来年2月ですから、当然「春の花」を準備しました。撮影は秋だったので、紅葉もまだ始まっていなくて、もう市場にはあるのだなあと、春の花を用意しながら、その時の速さに頭ではわかっていても少し驚いたのを覚えています。そんなことを言っている間に、いつのまにか、もう少しで「春」の季節がまたやってきます。
c0128489_2218267.jpg

時間や季節を早いと感じるか、遅いと感じるかは、主観的なものです。そして、先を見ることも時にとても大切です。けれど、来年も私は「今を大切に」積み重ねていきたいと思います。

2009年は、素晴らしく必死で駆け抜けた一年でした。沢山の方のご厚意とそして良い出会いに恵まれ、「お月見」の展示会、そして講座たち、などなど…。非常に充実し、とても感謝をしております。いままで少しづつ信じて つづけてきてよかったと実感する日々でした。変わらずに支えてくださっている方々、ありがとうございます。平凡を重ねていくといつか非凡となる。来年も信じて 、良い一年になりますようにと願っています。
c0128489_22185410.jpg

花と共に沢山の笑顔は見られる講座をまた作っていきたいです。

関係者各位、そして出会ったすべての方に感謝を申し上げます。来年もどうぞよろしくお願い申し上げます。良いお年をお迎えください。
c0128489_22193412.jpg

by bouquets_ryoko | 2009-12-31 20:17 | Diary | Comments(0)

松屋銀座2月の講座ご案内  春の器 ~源右衛門窯のテーブルコーディネートとフラワーアレンジ~ 

松屋銀座にて2010年2月に 「春の器~源右衛門窯のテーブルコーディネートとフラワーアレンジ~」の講座が決定しました060.gifとても嬉しいです。
c0128489_213712.jpg

掲載されている松屋友の会 会員様に配布される小冊子です。 1月号が本日の20日に発刊されました。
c0128489_21103181.jpg

同じページの様子です。素敵な企画盛りだくさんです☆最初の方には美味しそうな綺麗なお正月のお菓子、そして次のページには、桂文珍氏の独演会や市川海老蔵さんの顔写真と共に歌舞伎のご案内、なども掲載されています。
c0128489_2195350.jpg

これが私の記事です。写真はクリスマスの自由学園明日館での撮影をして頂いた写真家土門拳氏のお弟子さんでもあられる堤勝雄氏に撮影をして頂きました。実はもう少し撮影していただいた写真は特に花の色とクロスが明るいのです。少しだけ残念です。

☆撮影、そして、源右衛門窯といい、それも松屋銀座さんで再び講座ができるのは非常に嬉しいです。私自身、緊張もありますが楽しみです。

☆☆講座の内容☆☆☆
古伊万里で名高い(株)源右衛門窯の協力により桜柄の和食器を使った「新しい和」のテーブルコーディネートを学びます。 併せてフラワーアレンジメンとをご体験いただきます。活けたお花は、そのままの形でお持ち帰りください。

日時:2010年2月24日(水)
     Aクラス:午後2時~4時
     Bクラス:午後6時30分~8時30分
  *ご都合のよろしい時間帯をお選びください。

会場:松屋アネックス(予定)
参加費:6,000円(花代込)
各クラスとも先着20名さまとさせていただきます。

お申込み・お問い合わせは 
フリーコール 0120-001-550


☆☆☆とてもに綺麗なお教室ですし、この時季の桜の綺麗な器たち、そしてテーブルコーディネートのいろいろな方法、すぐにでも使えるテーブルのフラワーアレンジ、盛りだくさんで楽しく華やかなひと時をお届けしたいと思っております。また食器も今回盛りだくさんでお届けできます。少し早い春を楽しみにいらしていただければと思います。

皆様にお会いできることを楽しみにしております。
お早目のお申し込みをお勧めします。
by bouquets_ryoko | 2009-12-25 21:01 | News | Comments(0)

Merry Christmas -Greeting-

Merry Christmas -Greeting-
c0128489_1850970.jpg


お世話になっている方、今までの講座受講者の方々をはじめ多くの方に郵送をさせていただいています。
今回の写真は10月に自由学園明日館「心をこめてテーブルコーディネート…クリスマスの演出」の1回目に(株)源右衛門窯の器協力により、私がコーディネートしたものの講座風景の写真です。

撮影は10月21日の講座の前に 堤勝雄氏にして頂くことができました。堤氏は土門拳氏のお弟子さんでもあられます。その様子の一部が当日のブログにありますのでよかったらご覧ください。

器のシダの模様に合わせて、クリスマスの常緑樹、エバーグリーンと一緒に3種ほどのシダが活けてあります。ちょっとみえないのですが…。

和食器の新しい使い方、そして少し大人の落ち着いたクリスマスの食卓を演出してみました。いかがでしょう。ここでみなさんだったら、どなたとお食事されますか?

そして、このはがきはいつもながら友人のみっつーに構成して頂いています。
皆様、ありがとうございます。(写真は今は仮で後ほどきれいなものに差し替えます。)

今年を振り返っても、このはがき一枚を思っても、いつもながら沢山の方たちに支えていただいて、このようにできていることを心から感謝をしています。

私は24日の自由学園明日館 講堂でのよるの礼拝でエントランスにお花を壁掛けと共にかざらせて頂きました。入ってきたとき優しい気持ちをと思って、活けました。そして礼拝に出席し、久しぶりにクリスマスらしいおごそかな気持ちになりました。。

皆様もどうぞ良いクリスマスをお迎えください。
by bouquets_ryoko | 2009-12-24 21:35 | News | Comments(0)

「少し特別なフラワーアレンジ」 Christmas Bouquet

「少し特別なフラワーアレンジ」 昨日の授業です。
今回はクリスマスに近いため、飾りつけるものはもう時期的に遅いので、
テーブルのお花も考えましたが、少し挑戦して!この時季ならではの「Christmas Bouquets」を提案しました。
c0128489_20313566.jpg

カラーによってもずいぶん印象が違います。
c0128489_20311121.jpg

初めてのブーケだったので、ラウンドの小さなクリスマスブーケを作成して頂きました。
シナモンなども入っていて、少しだけ、エバーグリーンと少しスパイシーな香りも楽しめます。

なによりも、それぞれが出来上がったブーケを持たれたりする、みなさんの華やいだ良い表情がとっても私は印象的で、嬉しかったです。
ブーケとしてもまたクリスマスの演出☆にどうぞ飾られて くださいね。
良いクリスマスをお過ごしください。
by bouquets_ryoko | 2009-12-20 20:27 | Lesson | Comments(0)

重要文化財 自由学園明日館公開講座  「心を込めてテーブルコーディネート…クリスマスの演出」

「心をこめてテーブルコーディネート…クリスマスの演出」
3回目
c0128489_2064054.jpg

今回の色のテーマは「赤」となりました。
c0128489_20123551.jpg


クリスマスのいろいろなお話やテーブルのこと、フラワーアレンジメント…と続きました。
c0128489_208381.jpg

皆さんとの記念撮影です。

初めての方もそうでない方も、とっても綺麗に作って頂きました。
エバーグリーンは良い薫りでしたね!
クリスマスまでに、もしバラが持たなくても、グリーンは元気だと思うので、差し替えて、
ぜひクリスマスの食卓に飾って頂けると嬉しいです☆

クリスマスティーを飲んでいただきました。クリスマスティー、今回はマリアージュフレールの「ノエル」をご用意しました。紅茶の入れ方を実演しながらお入れしたので、非常にスパイシーなクリスマスティーらしい香りが会場の食堂をいっぱいにしました。少し癖があるので…いかがだったでしょうか今回のテーマは、「クリスマスの演出」、伝統的で特別なとき。ぜひ一つでも多く実践してみていただけると嬉しいです。

一方で、イベントであろうとなかろうと「日常」が少しの基本と気持で、豊かに「特別」に変わっていく。とても豊かで、素敵なことであると思います。

どうぞ素敵なクリスマスをお迎えください。

もうすぐ皆様にはクリスマスのグリーティングをお送りします。
今回の講座の1回目でデモの風景を撮影して頂いたものです。
また今回の記念撮影のお写真も希望者の方には郵送を致しました。
ご希望されている方で、もしも届かない場合は、御手数ですが、どうぞご一報いただけるとありがたいです。(御住所の明記がない場合はお送り出来ていないです!)

次回はまた気持ちを新たに、良い講座をと思ってご用意できたらと思っているところです。
その機会にお会いできることを楽しみにしております。どうぞよろしくお願いいたします。

そして、いつもながら、明日館公開講座の関係者各位に感謝を申し上げます。

感謝をこめて。
by bouquets_ryoko | 2009-12-16 20:03 | Lesson | Comments(0)

☆クリスマスリース 2009☆

アドヴェントが始まり、リースや壁掛けを飾るお家も増えてきました。
クリスマスの飾りの御注文を頂いています。
c0128489_2145583.jpg

c0128489_2152566.jpg

常緑樹の樹々で作製した薫りの良いクリスマスリース。そして壁掛けはいかがですか。
ギフトとしても「薫りのブーケ」としてもとても好評を頂き、人気です。
きれいなBox入りです。
※デザイン(リボン・木の実他)・ご予算に相談に応じます。
写真は一部で、今年作ったものでもリボンとでずいぶんと印象も変わります。
Dial3472@aol.comまで
c0128489_2155587.jpg



作る工程
c0128489_2171811.jpg

常緑樹の種類沢山。大きさも今年はいろいろです。
c0128489_21271490.jpg

c0128489_2110416.jpg

by bouquets_ryoko | 2009-12-15 21:02 | News

プレゼント!

なんと!とても素晴らしいプレゼントが届きました。少し前の出来事です。
c0128489_20423633.jpg

c0128489_20431845.jpg

テーブルコーディネートと花「お月見の会」の際、10月に「外交官の家」での写真を
アルバムにしてお送りくださったのです!!

会場を見学していらした御夫婦Nさん、御主人が写真を素晴らしいカメラで撮影をしていらっしゃいました。もちろん素敵な奥様を撮影されたりしていてとても雰囲気の良い印象のお二人でした。

途中から、わたしの花も撮影して下さっていまして、
そこに…ちょうど駆けつけてくれた友人のAちゃんと一緒にお言葉に甘えて私のカメラで撮影をして頂いたのがきっかけでした。その後その素晴らしい本格的なカメラでも撮影をいろいろしてくださったのです。

そして、その後その写真をなんとアルバムにしてお送りしてくださったのです。
びっくりするほど素敵なアルバムに写真集としてくださり、私は恐縮ながらも…
まるでお誕生日とクリスマスが一緒に来てしまったようなあたたかい嬉しい060.gif気持ちになりました。

そして心にこもったお手紙にも、本当に感激しました。
御夫婦にお会いできた出来事を含めて、私の大切な財産となりました。
c0128489_20564458.jpg

本当に有難いなあと思う感謝の嬉しい出来事の一つとなりました。

なので、一度お礼をお伝えしましたが、その後この季節となり私もサプライズをと思って、温めていた秘密で常緑樹の「クリスマスリース」をお送りしました!

喜んでくださったようですが、そうしたら!!素敵なクリスマスプレゼント♪
心が詰まっていておもてなしを感じ、感激しました。
c0128489_20581282.jpg

箱についていたカード。開いたら!!
c0128489_20584376.jpg

華やかでかわいいサンタたちです。大切にします☆
この季節だからこそ、クリスマスに感謝しました。072.gif

Nご夫妻、素晴らしいクリスマスを!
by bouquets_ryoko | 2009-12-12 20:40 | Diary

クリスマス

重要文化財 自由学園明日館 講堂に飾っていただきました。
c0128489_21351713.jpg

c0128489_2135543.jpg


クリスマスイヴにはこちらの講堂にて、クリスマスのお話の他に、朗読と音楽会のように美しい演奏が行われるそうです。
日時:12月24日 19:00~20:30
入場無料  
☆自由献金は全額ユニセフを通して世界の子供たちに贈られます。
by bouquets_ryoko | 2009-12-04 21:27 | Diary

クリスマスリース

c0128489_21402429.jpg

今年も自由学園の幼児生活団に飾っていただきました。

子供たちに見てもらうために、オーソドックスなものをお届けしています。

私も卒業した幼稚園です。毎年この時季、クリスマスの行事が行われています。
驚くもので、たのしかった思い出だったからか、意外にもクリスマスの行事を断片的ですが覚えています♪

教育と共に、クリスマスも伝統的な手法で、プレゼントもすべて母親たちの手作りです。
今はもう少しは、変わっているのかもしれませんが。。。
いずれにしても、近年すこし校舎がかわりましたが、毎年お会いしても先生方は不思議とあのころのままです。ほっとします。

私がそうであったように、こどもたちの良い思い出のひとこまに加わってくれたら、幸せです。
by bouquets_ryoko | 2009-12-03 20:30 | Diary

「特別展いけばな 歴史を彩る日本の美 展

c0128489_19273228.jpg
「特別展いけばな 歴史を彩る日本の美 展」をみてきました。
11月末に、いけばなの日本をしっかりと歴史を追いながら全体をみる展示会は意外に少ない機会なので、どんな構成でてんじしてあるのか、楽しみにしていました。

自然に咲く美しい花をめでることは、古今東西で普遍的に行われてきました。
また観賞するのみでなく、花や樹木そのものに霊性を感じて神のシンボルや依代とみなすこともあります。その中で、いけばなはどのように生まれ、どのように発展していったのか-。仏に備える花を源流とし、室町時代に確立、座敷や茶会を豪華に彩った。江戸時代には町人層まで広がり、当時教養本には身につけたいたしなみとして登場する。約170件の絵巻物や屏風、文献などから、その歴史をひもとかれていました。

「いけばな」の形の源流とされる神仏への供花の形式を見ながら、いけばなの成立の精神性を「いけばなの源流」として展示がはじまっていました。「いけばなの成立」.「豪華になるいけばな」.「流派による誕生といけばなの大流行」.「花の器」.「いけばなの近現代と広がり」と続いていました。

さてここでは2点ほど。
c0128489_19284758.jpg

c0128489_19291626.jpg


こういった画は沢山あったのですが、この様なデッサンはとても私は眺めるのが大好きです。これはいけばなでもアレンジメントでも私の中では大差はありません。
c0128489_19293412.jpg
c0128489_19294870.jpg

沢山の情報が詰まってもいますし、眺めていると、花材と空間から、その季節感が伝わってきて、その時代にもこの花があったのね…あるいはこの時期にこの花は咲いていたんだ…一緒に活けるのにこの花がこの花にも合うのかとか、…そうしている間に、この画が私の頭の中で立体的になり、鮮やかな映像が見えてくるのです。時々冬なのか春なのか、その季節の空気感温かさや寒さ、共に香りまで想像できたような瞬間があります。あまり人に言ったことはないのですが、時によって、音楽も聞こえてきます。でもいけばなだからといって、冷静に思い出してみてもその音楽はたとえば雅楽とかではないのですが♪

いずれにしても新しい新鮮な発見があったり、また私自身の好きな取り合わせであったり、…時によって場合が違いますが、とても幸せな時間です。
c0128489_1929233.jpg


一方で、今回私の心をとらえたひとつに、いけばなをしている風景を描いた画でした。
c0128489_19305897.jpg

花を活けることを愉しむ姿に、江戸も現代もないのかもしれないと想像をかきたてられる絵です。ここからは私の独断と偏見であくまで想像ですのでご了承を!!

先生はどうやら剃髪の男性と仮定。

女性B「先生お願いします。」
先生「ほら、お花は全体から見ないと…(移動しながら)おや、きれいじゃないか~」
ABにむけて先生「ほら、ごらんなさい、」
Bに向けて先生「ほら、さがってみて…、(手直しをするような手つきで花を指しながら)あの花は向きがおそ ら くこちらのほうがより花がきれいに見える」

B「はい」
一同「(心の中で)あら私のもここを直したほうが良いかしら」

先生「自分のばかり、一点だけを見ていると全体がみえていないのよね~」
一同「奥深いわー。でもやっぱり花を活けるのは気持ちいいわ」(一同)といいつつも真剣にどこを先生が直されたかを一同学ぼうとします。

そして「Aさんはやっぱり上手ね~」「そんな~Bさんこそ」…みたいな女性特有の会話が続いて…。けれどここは学びの場です。
A「先生はどこを直して下さった?」
B「私はここをこうしたほうがいいと思っていたんだけど、(先生の手を真似て説明)」
A「あ~、なるほどね~…」
B「私の場合はね、と(説明は始まる)…」
…また先生に質問もあるかもわからない、ある意味どこでもある穏やかな会話がつづく、そして同時に切磋琢磨するおけいこの風景。

ちなみにあえて私はこの画の由来を調べていません。私には今はこのようにも見えました。
それも自由ですよね!

といっても、こちらは川辺に建つ料亭で催された生花会の様子の有名な画です。
「吐雲楼生花会」葛飾北斎画

いけばなが江戸町人の間に広まると、その技を競う生花会が、料亭などでも催されたようです。剃髪の男性が主催者らしいです。釣船に松、水盤に水潜りの梅,会場の趣向にあわせ、水にちなんだ花が活けられています。

いけばなの情景、フラワーアレンジメントでも各国欧州諸国で楽しい画もあります、もちろん沢山の各流派や西洋による活け方や伝統技術や歴史にも学ぶことも興味がありますが、人間が花を愉しむ姿は変わらずに良いものです。

というように、ほかにも沢山私に中には収穫もあり、充実した時間となりました。
久しぶりにいけばなを活けてみようと思いました。

江戸東京博物館で開催中です。
by bouquets_ryoko | 2009-12-02 19:25 | Diary

フラワーアレンジメント、テーブルセッティングの講座情報、作品の紹介をしています。


by Bouquets_ryoko
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る