人気ブログランキング |

<   2008年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧

秋の色合い

c0128489_21181066.jpg

c0128489_21172266.jpg


秋めいて来た今日この頃ですが、これから植物も新たな彩りを魅せる楽しみな季節です。
栗にスグリ、紅葉してきた葉たち、びわの葉にネリネ・・・・・・カラー、菊、そしてバラ。
今後、秋らしい花紹介もしていこうと思っています。
今日はまずはこれくらいで。
by bouquets_ryoko | 2008-09-30 21:00 | Diary | Comments(0)

花の講座「秘密の指でフラワーデザイン」

飾る場所・目的・花の姿・色そして質感とを活かしながらフラワーデザインの基礎を学びましょう。きらりと光る花あしらいが出来るようになっていきます。
c0128489_18562971.jpg

自由学園明日館公開講座
NEW056.gif056.gif 「秘密の指でフラワーデザイン」全6回12時間 
1 開講日土曜 
①10/25 ②11/15 ③12/6 ④1/17 ⑤2/7 ⑥3/7

2 時間10:30~12:30 2時間

3 定員24名

4 講師小林 亮子
恵泉フラワースクール認定教師
Bill Hixon's floral design school in U.S.A (在米)留学
école française de décoration florale (在仏)他 留学
テーブルコーディネート資格取得・会員
IKEBANA International会員
http://bouquetsr.exblog.jp/
自由学園卒

5 講座紹介 
花を見て活けてみたい思う、楽しい気持ちは自然なことです。せっかく咲いた命ですから、活けることでさらに美しく表現でき、暮らしの中に溶け込んでいったらもっと素敵。花の映える明日館の洗練された空間で、至福の花体験はいかがですか。飾る場所・目的と、花の姿・色・質感を活かすラワーデザインの基礎を学びましょう。基本を身につければいつでも、どこでも、どんな花でも、きらりと光る花あしらいが出来るようになっていきます。教室で活けた花はそのままの形でお持ち帰りいただけます。

6プログラム
第1回 テ-ブルの花はどこから見ても美しく
第2回 果物や野菜と共に収穫感謝-流れるように活けましょう
第3回 一度はきちんと学びたい伝統的なクリスマス
第4回 新鮮な和のスタイル-場所をとらない縦ラインの花
第5回 贈り物に添える花-バランスって大事です
第6回 チキンワイヤーを使って瑞々しい春の花

 
c0128489_1901459.jpg

詳細はこちら  お問い合わせ:03-3971-7326
自由学園明日館公開講座事務局まで御願い致します。 


c0128489_1772860.jpg

by bouquets_ryoko | 2008-09-30 20:55 | News | Comments(0)

森林浴とユリ

c0128489_1051458.jpg
c0128489_10523425.jpg

木漏れ日が銀のプレートに映りこんでおもわず撮った一枚。
ユリたちとプラムとなぜか長なすも一緒に。
by bouquets_ryoko | 2008-09-17 10:30 | Diary | Comments(4)

秋のウエディングシーズン 最近の仕事の中で

秋のウエディングシーズンです。
最近のお仕事の中にそのブーケのご注文を数件頂いています。
c0128489_2101999.jpg
(イメージ写真)
現在進んでいる作成段階の様子をお見せしたいのですが、これは花嫁さん達との当日までのトップシークレット。残念ながら、写真・画などはアップすることができません。
花の色やデザイン、そして今年の秋冬の流行も少しふまえつつ、その方らしさを大事にしたいとベストを尽くして進めております。

ご依頼頂いた花嫁さんには、大切な当日までに何回かの打ち合わせをさせて頂きます。
私の特長であり大切にしていることは、
1,まずは私の花のデザインを見て頂き、納得して頂くこと。
2,大切な当日の朝にそのブーケを作成させて頂き、お届けすること。(以前そのことを書いたものを最後に付けますので、良かったらお読み下さい。)
3,花のデザインを一緒に築いていくこと。

3番目は少し不思議に思われるかもしれないけれど、花のデザインについては、全面的にお任せ下さる方、少しずつイメージを共に創っていく方、両者がいらっしゃいます。
その中で共通して重点を置いていることは、ご依頼者とのなによりも面接・ヒアリングの過程です。その回数は時に応じてですが、一期一会の気持ちでさせて頂いています。
ドレスのデザイン、会場の雰囲気、好きなお花や季節、そしてご自身のイメージ等お聞きして、一番の花嫁さんご自身が最も輝くと信じたものを作成させて頂いています。

いつも有難いと思うことは、ご依頼者と相談をしていく中で信頼関係を育ませて頂いていることです。
だからこそ私も当日一番の状態をお届けすると心から想って、デザイン・花を仕入れる段階、そして作成まで全てにおいて、さらなるエネルギーを頂いていると思っています。

ウエディングがまたアップ出来る時が来ましたら、写真などお見せ出来たらと思っています。
とても慎重になりながらも楽しいお仕事の一つです。
今後ともどうぞよろしく御願い致します。

叉ご興味のある方はどうぞお気軽にお問い合わせください。
下記は作品の中でもピンク系の本当に一部の写真です。他にも色々とございます。
c0128489_2055351.jpg



c0128489_21115.jpg

by bouquets_ryoko | 2008-09-16 20:51 | Bouquets or Weddin | Comments(2)

bouquet  朝の写真

2007年9月3日 朝のブログより 
c0128489_20501037.jpg

このHPを観てくれて応援してくれている友人から、もっと作品の写真を!というリクエストに応えられる様、少しづつUPさせていきます。
ご覧下さい。

これはBouquetを作成する際に、「毎回」の私の行事となっている写真、
「Wedding Bouquet」 を作成する前の一枚です。

私はブーケを作らせて頂くのは、少しでもお式に近い時間にと努めています。新鮮で、花自身が一番美しく咲き、いい薫りをお届けしたいからです。

花の仕入れを終えて、今回もいい花に出逢えたなあとホッとしたのもつかの間、お式のある当日の「朝」は、私は誰よりも早く起きてきます。
そして、これから作るぞ!という気合いの写真撮影ともいえます。

ブーケのご依頼を戴いて、花嫁さんとある一定期間、長く、あるいは短期間に一緒にデザインを考えます。人生の一つ大きな節目に、気持ちが時に揺れて、でも確実に花嫁らしく、女性らしく・・・美しくなっていく一人の女性の姿を感じながら、過ごす時間は少し特別です。そうやって、すっかり花嫁さんとうち解けた頃、当日がやってきます。

それはたとえ永く友人をしている大事な友達たちが依頼者であっても、今回初めてお会いしたお客様でも変わりありません。だからこそ、私には愛おしくてたまらないその方に出来ることを心を込めてお届けしようと想う「朝」です。c0128489_205140100.jpg

毎回不思議なくらい、幸せなことに気持ちのいい朝日を浴びることが出来ています。
そして、どんなにデザインを練っていても、もう一度、花一輪いちりんそのものが持つ、本来の美しさを思い出させてくれる、私を初心に立ち返らせてくれる瞬間です。

この写真をみると、いい顔をして喜んでくれた方達の素敵なお顔を思い出します。みなさま、どの方も幸せを築かれていられるようです。
作らせて下さって、ありがとうございます。 

また、すこしずつブーケをご紹介致します。
c0128489_2052256.jpg

これは、オールドローズといって、バラの中の薔薇、それはそれは香水の様にいい薫りのする最高に贅沢な[Rose Bouquet]です。
by bouquets_ryoko | 2008-09-16 20:30 | Bouquets or Weddin

フラワーアレンジメント、テーブルセッティングの講座情報、作品の紹介をしています。


by Bouquets_ryoko
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る