<   2008年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧

受付開始 明日館公開講座  「心を込めてテーブルコーディネート」 気軽なランチパーティー

自由学園明日館公開講座 2008年度前期講座 

講座名
心を込めてテーブルコーディネート -気軽なランチパーティー

1 開講日   水曜日
5月14日・6月11日・7月9日

2 時間    14:00~15:30 1.5時間
最終回:14:00~16:00(フラワーアレンジメント含む)
  今回:French style - The kitchen Bouquet (フレンチスタイルのキッチンブーケ)
     全3回 5時間
c0128489_1764251.jpg

3 講座紹介 
休日にゆったりすごすランチパーティ、時には屋外で乾杯!など、家族や親しい仲間が集まる食卓を、気軽に楽しみたいものです。皆で良い時間を共有するために、抑えておきたいパーティーのルール、テーブルの整え方、会話を引き出す演出など、今すぐ実践したい様々を、素敵なデモンストレーションと、わかりやすいお話でお伝えします。最終回ではドリンク(スパークリングワインorソフトドリンク)を楽しみながら、簡単でアイディアに満ちたアレンジメントを作って、お持ち帰りいただきます。

4 プログラム 
1回目 パーティーのルール
2回目 カジュアルを愉しむ-プロトコール(基本作法)を踏まえて
3回目 ガーデンパーティーの演出-フレンチスタイルのキッチンブーケ

5 定員    24名 

詳細はこちら  もし今季のご案内が準備中の場合 お問い合わせ:03-3971-7326
自由学園明日館公開講座事務局まで御願い致します。 

会場は明日館のこの食堂にて。
c0128489_1772860.jpg

[PR]
by bouquets_ryoko | 2008-02-28 16:30 | News | Comments(0)

Paris-styles 2

c0128489_039265.jpg


paris-styles 1.2はHand Tied 「ハンドタイド」、という花を螺旋状に組んでいく、一つの方法です。
「タイドバンチ」、Tied Banchといういい方もあります。
よく花屋さんでも見かけるはずです。
日本ではそれほどではないかもしれませんが、ヨーロッパ・アメリカでは一番主流とされています。

意外にこつがいるんですよ。覚えておくと何かと便利です。
なぜって、どんなに花の分量が多くても、少なくても本来応用できるからです。
またこれでブーケをつくる時もある位です。時に少し、カジュアルではありますが。

そして茎たちが綺麗に机などの平らな台の上で立った時、このデザインは成功とします。
試してみるとわかりますが、これはできた時最初の喜びったら!!、今でも覚えている位です。
[PR]
by bouquets_ryoko | 2008-02-27 10:41 | Diary | Comments(0)

Paris-style 1

c0128489_0332563.jpg
[PR]
by bouquets_ryoko | 2008-02-26 22:17 | Diary | Comments(0)

春の花 チキンワイヤーを使って

c0128489_18202352.jpg

スイセン、チューリップ・・・、ルスカス(葉)等。
春のはなたちは、みんなよく水を飲む新陳代謝のよい植物ばかり。

昔ながらのヨーロッパで古くからの方法のひとつ、チキンワイヤーを使い、
水をたっぷりを与えていられる活け方をしています。
[PR]
by bouquets_ryoko | 2008-02-25 15:20 | Diary | Comments(2)

春一番とバラづくし

c0128489_1101710.jpg


今日と昨日は「春一番」で東京も凄い風でした。合間をぬって撮影しました。
少し前にはそういえば雪も降っていましたが、いつのまにかすこしずつ日差しも春に近づいているようです。

このところ、私も春の仕事に向けて準備に力を入れ、いそしんでおりました。
これまで読みに来て下さっている方がた、ごめんなさい。
アップ出来る写真も増えましたので、今度はこちらに来ていただけるようしばらく力を入れようと思います。いらして頂けると嬉しいです。さあ、春ですよ!
[PR]
by bouquets_ryoko | 2008-02-24 08:47 | Diary | Comments(0)

嬉しいプレゼント

先週の金曜日にNみちゃんにとっても嬉しいプレゼントを頂きました。
陶芸を大学で専攻し、卒業後の現在も創作活動を引き続きされている彼女の作品です。
この夏には初めての個展もされるそうです。楽しみです☆


少し前に出逢った可愛らしい彼女ですが、「飾るのも良いけれど、ぜひお湯のみとして使って下さいね。」と、プレゼントして下さいました。

触れてみると、彼女の印象の持つ「りん」とした良さと一緒に温かいぬくもりの様なものが伝わってきました。

私は何でも器になる可能性のものをみると、花を活けた姿を想像するので。。
もう少し花と器の完成品をと私のなかで模索中なので、これで美味しいお茶を頂く日は?!もう少し先のことのようです。いずれにしても大切にします。
[PR]
by bouquets_ryoko | 2008-02-22 00:22 | Diary | Comments(2)

フラワーアレンジメント、テーブルセッティングの講座情報、作品の紹介をしています。


by Bouquets_ryoko
プロフィールを見る
画像一覧