<   2008年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧

お花たち

先日の花教室では赤のバラを2種類使いましたが、とっても華やかに開いて、
「とてもさらに豪華になっていきます!」と嬉しいお声を頂いています。
私もがんばった甲斐があります☆
私の家でものびのびと優雅に咲いていて、日によってドンドン大きく咲くので、
ちょっと驚いています。花の開き方は、花弁の性質によっても違うので、
見ていて飽きません。それにしても、いつもながら、さすがは市場です。

他のお花たちの一部をせっかくなのでご紹介をします。これから作品を作るので、いまから私も真剣です。今回は作品の為同系が多いです。
それにしても綺麗です☆ 

c0128489_2325329.jpg

この間の市場にて
少し渋めのややくろーとさん好みといわれるピンクの背の高いバラ「ハロウィン」
蘭の一種の濃いピンク「バーデンドラム」
明るいオレンジのバラ「ヤリエンタ」
そしてグリーンのカーネーション










c0128489_2333079.jpg
こちらは沢山の種類が出始めているチューリップでも一番と言う位、オーソドックスな
チューりーップ。 
そして、背の高いかわいいパンジー。
写真ではわかりにくいかもですが、
アレンジにはとても使いやすく幅が広がり、嬉しい丈なのです。
[PR]
by bouquets_ryoko | 2008-01-30 22:50 | Diary | Comments(0)

松屋カルチャースクール  バレンタインに贈るハートフラワーアレンジ

今回初めて、松屋カルチャースクールでのお教室をさせて頂きました。

冬の気持ちのよい晴れた日、でもとっても実は緊張をしていました。
けれど、なにより愉しみにいらして下さった方々にお会いしたら、吹っ飛びました!
いつも方達の嬉しいお顔も☆、そして来て下さった全ての方、本当にありがとうございます。
c0128489_15415818.jpg

フラワーアレンジメントを経験するのが初めての方から、色々な経験をお持ちの方、
受講者の方達はみなさん、それぞれにとってもかわいい素敵な作品が完成しました。

同じ花材をご用意しましたが、一つしかない花の微妙な色合い、かたちを持つのお花たち。
まさに一期一会の世界です。そうです。同じデザインとはいえ、本当に少しずつ違い個性が出ていて、それぞれがとても綺麗です。10人それぞれに。
今回のデザインではちょうど良い人数だった様に思います。

真剣に向き合って みなさん、作られていましたね☆お一人お一人の作品を見合うこともお互いに大切なことで、それもいろいろと楽しくしました。
でも!私もうっかりまた講評やお話に一生懸命になってしまって、
授業風景や全員での作品のお写真が取りそびれてしまったのが、一つの反省です!

次回はぜひ☆そして、これからもまたお知らせ出来ると思いますので☆
またの機会にお会い出来ることを楽しみにしております♪

壁に掛けたり、プレゼントしたり、お楽しみ下さいね。
そして、素敵なヴァレンタインをお過ごし下さい。
c0128489_15553874.jpg

さて、今回本当にお世話になっている素敵な松屋のK様をはじめとするスタッフの方たち、いつも変わらずに温かい方々とお仕事をさせて頂き本当に感謝を申し上げます。
そして今回私は花材のアンスリウム等の色にこだわっていたので、市場の方達にも、本当にお世話なりました。多くの方々に感謝しています。

今後ともどうぞ励んでいきますので、よろしくお願い申し上げます。
[PR]
by bouquets_ryoko | 2008-01-26 22:30 | Comments(2)

ブーケ

c0128489_12334277.jpg

[PR]
by bouquets_ryoko | 2008-01-10 12:31 | Gallery | Comments(0)

小堀遠州展とオランダ

c0128489_151256.jpg

銀座松屋にてヴァレンタインの花「ハートアレンジ」1月26日(土)午後2時~4時
の講座のサンプルを3階松屋友の会のコーナーで置いて頂いています。
先月は生花を置かせて頂いていました。当日は本当に綺麗でフレッシュな生花でのアレンジを致します。雰囲気、大きさなどよかったらお立ち寄りの際にでもご覧下さいませ。
講座のご参加をお待ちしております。
c0128489_1514510.jpg

今日はその為、銀座松屋に伺い、この新春のバーゲン等々色々な誘惑のある中、やっとの思いで年末から見たかった8階の大催事場でされている「小堀遠州 美の出会い展」に行ってきました。
c0128489_1524818.jpg

松屋銀座K様、ご厚意で招待券を戴き、新春のひとときを堪能させて頂きました。本当に見たかったので、感謝です。有り難うございます。

小堀遠州は茶道を多くの人に広め、また茶道を通じて多くの美を追究していきました。
遠州が生きた「寛永」とは、不安定な世情を反映して「かぶきの美」が流行した織部の時代が終わり、平和を謳歌する様に王朝文化の古典主義的な美や、均整の取れた優美な装飾性と繊細さが求められる様になった時代です。そして、その新しい美意識を象徴する言葉こそが、「綺麗」でした。
精神的には利休、織部を継承しながら、遠州が気品のある白い茶碗を使い、明るく総合的なしつらえに徹したのは、時代を映すモノだったのかもしれません。それゆえ、遠州のお茶は「綺麗さび」とよばれるようになったようです。

一方で寺社や城郭の造営や庭園を手がけるなど多方面に優れた才能を発揮し、茶道具や茶室全体の調和までを考えた遠州は多くの新しいデザインの道具を海外にまで発注しています。そのように総合的な芸術家でもあり、一流の文化人の一人とされています。

新春のひととき、美の出会いが織りなした名品をよかったら14日まで開催されていますので、ご覧下さい。

私は名品の数々、そして実際の茶室「利庵」ととても興味深く拝見しましたが、いろいろ勉強課題も増えて、帰ってきました。それにしても海外、中国をはじめ、オランダまでデザインを発注していたとはその追求心には驚かせました。

お茶というと、私は日蘭友好400年の年に、オランダ、日本とゆかりの深いライデンという都市で祭典があり、私もその年参加しました。
近くの大学には日本語学科もあり、そしてシーボルトが多くの日本文化を最初に広めた土地でもあります。
その際に、私は茶道と小原流の生け花のステージにてお茶のデモンストレーションをさせて頂きました。私は着物姿で、オランダのニュースでテレビに紹介もされていたらしいです。
当時、当然ながら自分で着物を海外で着て、またそれまで何度となく練習を重ねた所作を発表する等、いけばなの説明をするため役割を果たすことと精一杯でしたが、今では非常に良い思い出です。

町並みも非常に美しい都市でした。柳と光と水の美しい都市という印象があります。
ステージで使ったお花を後日、少し郊外の老人ホームにお届けした際の出来事も非常に思い出深い出来事の一つです。

いずれにしてもオランダという、少し離れた異国に日本文化が愛されていることを感じた、経験でした。同時にヤン・ヨウステン、のちの三浦按針が当時日本に来日していたことを感謝しています。もし彼が来ていなかったら、私はオランダに行かれなかったかもしれませんから。。。。。

新春らしい美しさでした。
[PR]
by bouquets_ryoko | 2008-01-06 15:00 | Diary

2008 Greeting Cards  あなたはどのかーど?

c0128489_1423060.jpg

2008 Greeting Cards

今年の年賀状、グリーティングカードは友人Mttu-のプロデュースによって完成しました。
色々と本当にどうもありがとう♪

皆さんにはどのカードが届いたでしょうか。
こちらはこの方にはこのカードがきっといいかしら、と思いながら、でもやっぱりこちらの方がよかったかしらと、年賀状のご挨拶を愉しませて頂きました。

ということで、Mttu-の力作を、そのかずかずを皆さんにせっかくなので発表したいと思います。

正直あまり時間がなかったため、私の写真と色や文字のたくさんのわがままな希望をイメージを伝えて、作成してもらいました。なんといってもアナログなので。色々と工夫をして下さって、とても素敵にアレンジ作成して下さったのです!
(Mttu-旦那様、遅くまで失礼致しました。)

Mttuーは私の高校時代からの友人です。
現在大手PC会社で活躍をしています。とても活動的でそして優秀。色々作戦会議などもしてきましたが、いつ話をしてもいつも話が尽きない大事な友人のひとりです。これからも彼女らしいすばらしいデザインを広げていってくれそうで楽しみです。

これからも色々なお知らせを含めMttu-のご協力を頂けます。私もこれからも写真等にも力を入れていきますので、どうぞ楽しみにしていただけるよう努力していきたいと思っています。
c0128489_14111447.jpg
c0128489_1412190.jpg
c0128489_1424286.jpg
c0128489_143032.jpg
c0128489_1431894.jpg

[PR]
by bouquets_ryoko | 2008-01-05 20:30 | Diary | Comments(0)

GINZA MATSUYA                   ヴァレンタインの花「ハートアレンジ」

新年の福袋の行列おそらく1位の6千人以上の銀座松屋での企画です。
きっといいことあると思いますよ☆
お会い出来ることを楽しみにしています。
定員がもうすぐです。

c0128489_23282341.jpg

                          Copyright 2007 RYOKO, Allright reserved.
日程 2008年 1月26日(土) 午後2時~4時
受講料 5.000円(教材費込み)
<お持ちモノ>キッチンはさみ・エプロン・筆記用具


ハートのモチーフにバレンタインらしいカラフルな生バラたちをあしらいます。
プレゼントはもちろんご自宅の壁掛けとしても最適!当日は、本番にキットのご購入も可能です。何よりも愉しんで頂けると思います。たくさんのご参加を心よりお待ち申し上げております

お申し込みはフリーコール 0120-001-550

松屋友の会会報誌[Positive]12月号(11月20日郵便局一斉発送分)の掲載されています。
店頭にもございますのでどうぞご覧下さい。またご希望者にはお送り致します。
c0128489_23312761.jpg

P.9に載っています。他にもクリスマス等沢山の素敵な商品が掲載されていますので、ぜひお手にとられてご覧下さいね。

8月にこの企画を練っていることをブログ(8月10日)に書かせて頂きましたが、
そんな気持ちを大切に、そして銀座の似合う素敵な女性に向けてデザインさせて戴きました。

多くのご参加を楽しみにお待ちしております。
お持ち帰りのBOX付きで、プレゼントにも最適です。

もちろんフラワーアレンジメントの初心者でもそうでない方も丁寧にご指導させて頂きます。
楽しみにいらして下さい☆
[PR]
by bouquets_ryoko | 2008-01-03 23:20 | News | Comments(0)

2008年 明けましておめでとうございます。

明けましておめでとうございます。
昨年もお世話になり有り難うございました。
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

みなさまにとって、幸多い素晴らしい一年となります様に。
良い出逢いと経験に恵まれ、笑顔の溢れる充実した一年になりますように。
私も新年の抱負を胸に決意をかため、良い一年をと強く願ったところです。

我が家のお正月の花です。
c0128489_22242331.jpg

お正月らしく万年青(おもと)と根付きの福寿草です。
これはいけばなで、母の作品です。

母は私が小さい時から季節の花をはじめ、家の中や食卓等に季節感のあるものを飾り、
ほんの一手間ですが、生活の精神的・感受性の豊かさを愉しんでいるように
実践しています。時にその手は魔法の様です。
最近ようやく、私も小さい頃にはわからなかった母の愉しみと生活を潤す心の在り方を、姿から教わっています。

母の作品が伝統的だったので、私は玄関を華やかにしたくて紅白のアマリリスとバラで活けたのですが・・・今年初の作品はまた新たに☆
c0128489_22533468.jpg
c0128489_225774.jpg
「花々しい!?」豊かな良い一年になりますように!


PCの不都合で更新が出来ませんでした。大変申し訳ございませんでした。
クリスマスの良い時期に、色々と作品等をお見せ出来たらと計画していたので、私としても残念でした。
そしていつも読んで下さっている方々、本当に有り難うございます。
一層励んでいこうと思っています。今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。
用意していました原稿と写真を数日分UPします。・・・(1月3日 現在)
[PR]
by bouquets_ryoko | 2008-01-01 08:10 | Diary | Comments(0)

フラワーアレンジメント、テーブルセッティングの講座情報、作品の紹介をしています。


by Bouquets_ryoko
プロフィールを見る
画像一覧